ウエディングで優先すること

ウエディングは、新郎新婦の門出を祝うものですが、二人の家族にとっても大切な舞台です。ですから、新郎新婦が気に入った式場を選ぶのはもちろん、家族や招待客がアクセスしやすい場所がいいでしょう。

遠方になると、交通費や宿泊費の負担もする必要があります。食事、衣装、引き出物のバリエーション、会場の雰囲気など優先したい点は多いでしょうが、全てを希望通りにするのは予算がいくらあっても難しいことです。

優先順位を決めて、一つずつ決めていくしかないでしょう。妥協する部分があっても、当日皆に祝福されたら幸せいっぱいになること間違いありません。

結婚式を統括するウエディングプランナー

ウエディングプランナーという職業をご存知でしょうか。予算や日取りの相談、演出などの事前準備、式当日の進行管理、挙式後の片付けと、結婚式の全てをプロデュースする影の功労者です。

主役であるご夫婦との打ち合わせを怠らず、あらゆる要望を聞き出して手配する。ご夫婦のフォローを欠かさず、急な要望の変更にも対応する。人に尽くすことに喜びを感じられないと務まらない、天性の才能が必要とされる仕事です。また様々なプランを提案する営業力も要されます。

生涯の記念となる大切な日を統括するのですから、そのプレッシャーは計り知れないものがあります。しかし達成感も大きいものであり、近年は人気の高い職業になっています。

ウエディングドレスを選ぼう

結婚式を挙げる上で外せないのがウエディングドレスです。女の子の夢でもありますので、どのようドレスを選ぼうかなと考えるだけでもとても楽しいものです。

ウエディングドレスは借りるか買うか、もしくはそういった技術があれば自分で作るという手段もあります。借りる際に気をつけなければならないのが、結婚式場によっては持ち込み料が発生することがあるということです。そういった所では式場で貸し出しをしているので、そちらで借りれば持ち込み料を抑えることができます。

もしお母さんからもらったものや、自分のこだわりを貫きたいという人は最初から持ち込み料が安い式場を探すというのも手かと思います。

ウエディング、式の費用っていつ支払いするの?

華やかで夢にあふれるウエディングですが、実はその裏ではとても大きな金額が動いているのをご存じでしょうか?

結婚雑誌などでも実際にいくらかかったのか特集している記事を見かけますが、平均すると200万円から300万円が相場のようです。これだけの大金をいつまでに用意する必要があるのか気になるのではないでしょうか。

一般的には本予約を入れる際に10万円から30万円程支払いをし、残りの金額については式が終わった後に支払いをするようです。クレジットカードに対応しているような式場もあるようですが、現金払いが通常のようです。お釣りがあまり出ないように事前にしっかり用意しておきましょう。

ウエディングはすぐに行えない

最近多い傾向が、順番待ちをしないとできないケースです。ウエディングを行いたいのに、空いている日程がない、順番を待たないと会場を使えないトラブルが起きてしまい、かなり待たないといけないのです。

この状況になってしまったら、とにかく待つか他のウエディング会場にお願いします。式場によっては、空いている日程を紹介することもあります。かなり待たないと駄目なところ、そして時期によってほとんど空いていない場所もありますので、しっかりと日程確認はしてください。空いている日程を考えないと、本当に挙げたい時期に狙えません。

フォトウエディングにするメリット

フォトウエディングだけを行う場合、費用と手間を節約できるというのが大きなメリットとなります。

一生に一度の記念だからと挙式や披露宴で様々なプランを行うと数百万円の出費がかかりますが、写真撮影のみで済ませる場合は数万円から十数万円程度で費用を抑えられるため大変経済的です。

スタジオ撮影はもちろん、ロケーション撮影を選べば新婚旅行も兼ねて楽しみながらの撮影が可能でしょう。なおかつプロのカメラマンに一生の思い出に残る写真を撮影してもらえるため、幸せな瞬間を美しく大切にしたい夫婦にもぴったりです。

準備にかかる時間もほとんどないため、仕事が忙しい夫婦でも手軽に行えるメリットがあります。

ウエディングを行う結婚式場に関する記事